2022年10月 1日 (土)

外内ラン&ガン、ヤッパリ外かな?!

 今週末ももちろん出撃、天候状況は北風やや強め、外房の波もやや高い予報です、マズは先週好釣した和田浦から始めることにしました。

 現地到着は4時半過ぎ、既にシュンさん御一行がPで出撃準備中です、お早いですね!自分もキャップライトで浜に出ました。
Dsc02103Dsc02106Dsc02107
 前回好釣だったポイントでタックル準備です、懸念した波はそれ程ではなく期待が高まります。
 周囲が薄明るくなった頃に第1投、素針回収でした、2投目も同様でした、前日teppeiさん達が好釣したのにお魚は薄そう、少し焦りました。
 少し移動しての第3投で3色ラインでキスアタリ、ヒネさんが掛かってきました、その後は2連が2回続きます、明るくなって活性が上がって来た様です、安心したのも束の間フグで仕掛け丸坊主になります。
 小移動してもナカナカ良いアタリが出ませんが、ジックリ探ると単発でポツポツ掛かります、素針も多く小移動を繰り返します。
 6時半を過ぎてサーファーさんが大挙して目の前に来られます、4色ラインで漂っているので実釣には影響がないのですが、波に乗ったサーファーさんが稀に手前まで来るので要注意です、9時過ぎまで粘ってカウンターは18、そろそろ諦めの時間です。
Dsc02113Dsc02114Dsc02116_20221001231701
 R128を更に南下して千倉方面の某所へ入釣します、4色ライン以上は根が張り出している場所、追い風をコントロールしながら磯際から引きますがフグさんのみ、3投して諦めました。
 そのまま海岸線を廻って平砂浦も考えましたが、館山塩見海岸に移動しました、現地に着くと真正面からの強風、沖にはウサギが跳ねています、実釣不可と判断しました。
 ここで早めの昼食、いつもの「福亭」さんで“台湾焼きそば”の小皿、500円也、小腹を満たすのには十分です、ご馳走様でした!
Dsc02118_20221001231701Dsc02120Dsc02121
 午後の部の最初は、船形堂の下です、当地は釣り師が数名居られましたがマッタリした感じ、右からの強めの風が吹いていますが実釣開始します。
 水は澄んでおり波も無しですが干潮前で潮位は低め、小移動しながら4投しますがアタリは出ずで撤収しました。
 R127を北上し次の場所は元名海の右端です、北風は横の鋸山で大分弱くなっていますがやや濁りアリ、ここも小移動しながら探ってみますが良型のべラさんのみ、左のP方面へ移動しながら打ち返しますが良型キスのアタリはありませんでした。

 さらに北上して次は新舞子海岸、ルアーマンがまだ少ない右海岸の端まで歩いて探ってみますがピンギスのみでした、3投して撤収移動です。
Dsc02127Dsc02125Dsc02126_20221001231901
 本日の最終ポイントは布引海岸、最近はピンの情報しかありませんが、夢をもう一度の思いで入釣です、完全な“布爆シンドローム”です。
 自分だけがこの病かと思いましたが、何とシュンさん御一行も来られていました、皆さん重症の様です。
 マイポイントまで歩き実釣開始しますが、案の定、至近距離にピンギスのみの状況、17時まで粘ってみますが良型のお顔は見ることが出来ませんでした。

 注目の南房はやや活性低下気味、内房は良型不在の釣況、何とか打破したいですね!

<釣行データ>
場所:千葉県和田浦~南房~館山~富津方面 日時:2022年10月1日(土) 中潮:干潮13時頃 天気:晴れ 釣果:シロギス19㎝以下32匹(リリースピン含む)

<タックル>
竿:シマノSP405CX リール: シマノ22KS 45 拙者天秤&拙者超発泡(ウッド)シンカー 仕掛け:7号針5~3本(市販無限)、エサ:ジャリメ

| | コメント (10)

«和田浦小爆、楽しめました!